2013年8月

変形性関節症はどんな治療が行われる?

指の関節が変形して痛いという事なんですけれども、どうしてこうなるんですか?通常関節は軟骨で…この青い部分ですけれども、これによって覆われている訳ですけれども、変形性関節症は年齢を重ねたりあるいは使いすぎで、軟骨がだんだん …

手根管症候群の可能性がある

手根管症候群かどうかという事を、チェックする方法もご紹介しましょう。胸の前で両手の甲を合わせて、このようにして1分間この状態を保ちます。その時にしびれがあらわれたり強くなったりする場合は、手根管症候群の可能性があるという …

指の関節に硬い症状がある場合

確かに遅れてばねのようにピーンとはねる感じなんですね。どうしてこういうふうになってしまうんですか?健康な状態の方というのは、指を包む腱鞘の中をスムーズに動いている訳ですけれども、ところが腱鞘炎という状態になりますと、腱鞘 …

変形性関節症は骨と骨の間にある関節に 腱鞘炎は腱と腱鞘に

手や指が痛むこわばる、しびれるといった症状を引き起こす、手指に原因がある病気について取り上げていきたいと思います。具体的にはこちらです。この代表的な3つの病気です。ではこの3つの病気について専門の方にお話を伺いましょう。 …

爪の先端が指の先端を包み込むように、丸く湾曲してくる時計皿爪

ここからは爪の形質について伺っていこうと思います。爪の形や質の代表的なものを挙げましたけれども…、まずは丸く隆起する時計皿爪から教えて下さい。爪の先端が指の先端を包み込むように、丸く湾曲してくる。これが時計皿爪の特徴です …

黄色い爪を生ずる疾患 イエローネイル症候群

全て重大な病気のサインという訳ではないですよね?そこに現れる事があるという。おっしゃるとおりで、白い爪の全てが重大な病気のサインという訳ではございません。先ほどは全体が白くなっていましたが、今度は下半分ですね。爪の根元側 …

爪の状態から慢性腎不全肝硬変、肺疾患肺、貧血など病気のサインを知る事ができる

まずこちら爪に注目していきます。爪というのは皮膚の一部なんですが、手と足にある爪全部足しても、皮膚全体の500分の1程度の面積しかないんですね。こんな小さな爪に実は、内臓に起きた病気のサインが現れる事があるんです。爪の状 …

脂肪肝は慢性肝炎肝硬変、あるいは肝臓がんになるかもしれない

あっこれにプラスね。それプラス、こたつにくるまってごろごろと。そうすると肝臓は三重苦なんですね。なるほど。そういう事なんですね。気を付けなきゃいけませんね。50歳女性です。これは良性の腫よう…これは中島さんどうですか?血 …

肝臓の為に半分こ カロリー脂質もに半分に

ローストチキン1本およそ180gで…、でも年に1回だからちょっと食べたくなるじゃないですか。なりますよね。食べちゃ駄目なの?そこでこんなアイデアがありますよ。ローストチキンの場合は皮を剥がしましょう。その皮を剥がすだけで …

肝臓病というと高タンパク高エネルギー食?

今はやっているものに対してワクチンをうったりする事もできます。A型肝炎ウイルスB型肝炎ウイルスといっても、いろんな種類がある事を知って頂いて、感染した時にもしかしたら重症化したり、遷延化したりする事もあるのでこういう研究 …

Page 1 / 712»
Copyright © 健康ナビ All Rights Reserved.