炭水化物を使ったレシピ リゾット

たまねぎとバターを入れてサッと炒めてから鶏肉を入れてそれからきのこを入れてその中に塩ゆでしたアスパラそれからほうれんそうを加えて更に炒めていきます。
何種類かのきのこを入れてきれいな緑食材もバラエティーに富んでますね。
この中にお米を入れて一緒に炒めていきます。
これは炊きたてのお米もしくは冷や飯でも構いません。

今回の主役、炭水化物はごはん

炒まった中にブイヨンを入れていきます。少しずつ入れていくんですね。
ちょっとひたひたっていう感じになるぐらいまで入れます。
ブイヨンというと材料はこんな感じになってますが。
骨ですとか筋ですとかすねの方の硬いお肉を野菜と一緒に煮出したスープの事をブイヨンといいます。
随分5時間も6時間も煮ていくものですね。
これやってられないんで固形スープを450ccに対して1個半ぐらい入れます。
それからたまねぎのスライスセロリにんじんのスライスを入れてこれを20分ぐらい煮出します。
そうすると野菜の香りがスープについてよりおいしいスープになります。

市販の固形のスープを使って一工夫するだけで随分変わる

少しずつ足しながらリゾットを仕上げていくんですがとろりとした感じに。
とろみが出てくるんですね。そうなったら仕上がりなんですね。
火を切ってバターを加えます。それからパルメザンチーズを加えます。
よくかき混ぜます。
そうするととろっとしてきます。更にとろみが増してきた状態がリゾットという事になりますね。
作るレシピとしては簡単ですよね。
今回は炊いたごはんを使ってますから非常に簡単に出来ます。
ちょっとお塩とこしょうをして仕上がりです。もう一回ちょっとかき回して。
それを盛りつけます。ブイヨンにちょっと野菜を加えて一手間かけたもの…。
野菜たっぷりの春らしいリゾットになります。
この上にそら豆を載せます。更に緑を加えて。

野菜ときのこ雑炊風リゾットの完成

チーズの香りとアスパラのサクサクッとした感じが歯応えも楽しめます。
少しごはんがやっぱり多くなってますのでいつもよりちょっと少なめのごはんで十分楽しめそうですね。