高血糖高血圧脂質異常、糖尿病動脈硬化慢性腎臓病心筋梗塞、これらは皆一つの流れの中にあります。
その始まりは内臓脂肪による肥満。
この肥満のために私たちの体は次々に病気に襲われ、一気に倒れてしまうのです。
メタボリックドミノという考え方。

メタボリックドミノこの考え方ひと言で言いますと、どういう事でございましょうか?
ドミノ倒しをここに示しますように、最初の1つのコマが倒れますとザ~ッと倒れていく訳ですが、この内臓脂肪の肥満つまりおなかポッコリのメタボが進む事で、さまざまな生活習慣病がドミノ倒しのように襲ってくる。
これをメタボリックドミノと呼んでいます。
さあこの考え方詳しく伺っていきましょうね。
メタボリックドミノこれが倒れていく。
これはどういう事が起こるという事なのか見ていきましょう。
こちらで典型的なケースを見てみましょう。
Aさん50代の男性の例で見ていきます。
Aさん実は若い頃二十歳くらいまでは、肥満ではありませんでした。
しかし就職後仕事が忙しく運動を全くせず、外食が中心たばこも吸っています。
また夜はお酒をよく飲みつい食べ過ぎる毎日でした。
その結果体重は次第に増え、30代で170cm78kgと肥満になりました。
特におなかがポッコリと膨らんできたんですね。
40代になりますと血糖値と血圧が少し高いと言われましたが、自覚症状がないため生活習慣はそのまま。
ずっと吸ってきたたばこもやめませんでした。
そして55歳の時Aさんは突然胸が苦しくなり、救急車で病院に運ばれました。
心筋梗塞を起こしたのです。
Aさん大変です。
心筋梗塞です。
Aさんのケースをこのドミノに当てはめますと、どういう流れになるでしょうか?
まず30代で体重が増えておなかがポッコリなりましたね。
これが内臓脂肪の肥満でしてドミノ倒しの始まりな訳です。
そして40代になってきますと血糖値が上がってくる、血圧が高くなるという事でドミノ倒しが始まってきた訳です。
そしてAさんそれを放置していた訳ですね。
その結果55歳になりまして心筋梗塞が起こってくる。
つまりドミノが一気に倒れてしまったという事です。
Aさんはドミノの行き着く先が心筋梗塞でございましたが、ほかにどういうケースがあるんでしょうか?
同じように動脈硬化が進んでまいりますと、脳卒中になるというケースもございます。
それから糖尿病が起こり数年たってまいりますと、神経あるいは目腎臓に障害が出てくるケースもあります。
それから最近では腎臓が悪くなって、慢性腎臓病という病気がある人がだいぶ増えています。