歩き方で体形維持

いつもと違う歩き方を少しやってみたいと思います。
そのポイントなんですが、歩幅を大きくします。
とは言っても自分がふだん歩く歩幅よりもたった7cm。かかと1つ分ぐらい広げて下さい。
その7cmの根拠ですが、ある下着メーカーが調べたところ体形を維持している人としていない人を比較したら、体形を維持している人の方が7cm歩幅が大きかったという調査結果があるんです。
ですからたるみを解消するポイントに、歩幅が一つあるだろうという事が想像されています。
是非やってみましょう。

体型改善には普段の歩幅に7cmプラス

まず普通の歩幅で歩いてみて、普段の歩幅を確認します。
この歩幅をかかと1つ分ぐらい前に出す意識で歩いてみましょう。
その時のポイントですが、かかとから着地して反対の足の爪先で蹴るのがポイント。
もう一つのポイントは、前をしっかりと見る。
歩幅を気にするとついついみんな下を見てしまうんですが、前をしっかり見る事をポイントにしていきましょう。
歩幅を大きくした分、速くなります。
速くなるんだけど、息が弾んだりきついと思う程度じゃなくて、そう感じない程度に速くする事がポイントですね。
なので速歩とかウオーキングとは違うという事です。普通に自然に歩幅を大きくする。
自然に歩幅を大きくするというのがポイントです。
これ毎日意識していたら、そのうち何も意識しなくても少しずつ歩幅が広くなって、それが自分の歩幅になっていく。
やっぱり毎日続けていくと徐々に歩幅も広がっていきます。
なので是非、歩幅を大きくしていってほしいと思います。

筋肉を維持し たるみ改善

ちょっと意識するだけで随分変わってきます。。
当然筋トレでどんどんと筋肉に刺激が入るだけでなくて、歩く事によってふだん使わない筋肉も使っていきますのでいろんな筋肉、例えば脚の付け根の筋肉やふくらはぎなど、いろんなところに刺激が入ってきますから、日常の生活の歩き方を工夫する事は重要なポイントです。
上半身のたるみと同様に、効果が出るまでにはやはりおよそ3か月ぐらいやって頂かないといけないと思います。
筋肉はやはり一生ものです。
この筋肉を一生維持していく上でも、日々少しずつでもいいので、しっかりとした運動を続けていく事がポイントです。