脳梗塞治療の最新情報

脳梗塞は突然発症し命を落としたり寝たきりの大きな原因になる病気
救急車で病院へ運ばれた時には意識がなかった女性。
実は太い血管が詰まって脳梗塞を起こしていました。
しかし治療を受ける事ができ後遺症が残らなかったそうです。
一体何がポイントだったのでしょうか。脳梗塞治療の最新情報をお伝えします。

脳梗塞発症間もない時期にスピードある対処

意識を失うほどの重い症状の脳梗塞起こされた人でも後遺症が一切残らないほど回復する。
そんな事があるんですね。
適切に対処できれば脳梗塞の原因になる血栓をとりのぞいて後遺症を抑える事ができるかもしれないんですね。
適切な対処で血栓をとりのぞく事ができれば一切後遺症が残らない。
こういった時代になってきているんですね。
以前は脳梗塞発症間もない時期にはあまり積極的な治療がなかったんですが、最近はスピードある対応で急性期に治療する血栓をとりのぞいて後遺症を軽減する事ができるようになってきました。

脳梗塞という病気 どういうものなのか

脳梗塞というのは脳の血管に血栓が詰まってしまうんですね。
そうしますと血流が行かなくなりますので脳の細胞に栄養や酸素が行き渡らなくなってこの先の脳細胞が死んでしまうというものなんです。
一度死んでしまった細胞は再生しません。
このダメージの程度によって命を落としたり重い後遺症が残ったりするんですね。
この後遺症が残らないように治療ができるという事はこの先の脳細胞が死ぬ事を防ぐ事ができるという事ですね。

血栓を溶かすt-PAという薬

脳細胞が死んでしまう前に血栓を溶かすt-PAというお薬を血液の中に流してこの血栓を溶かしてとりのぞく事で後遺症を軽減して症状を改善するんです。
血栓を溶かすという治療という事ですが実はこの治療を受けるためには条件があるんですね。
まさにスピードある対応というのが大切なんです。