感染性腸炎とはどういうものなのか?

国内でも食中毒などで感染するという事がありますね。
その原因菌に感染した事があると、この後に過敏性腸症候群になりやすい事が分かっています。
腸の炎症それに対する免疫反応が関係すると考えられております。
そして同じ感染症にかかってもストレスが重くのしかかっている人には、過敏性腸症候群が発症しやすい事も分かっています。
この感染歴のある方はストレスがかかった時は本当に注意しなきゃいけないということです。

腸内細菌とはどういうものなのか?

これは腸内の常在菌、常に腸の中にいる菌ですが、いろいろな悪玉の菌と健康に有益な善玉菌がいる訳です。
この善玉菌が減って悪玉菌が増えてきますと、過敏性腸症候群になりやすい事も分かっています。
やっぱりストレスがかかっていると、こういう状態になっているとそ過敏性腸症候群になりやすいというような関係も分かってきております。

過敏性腸症候群かもと思ったら病院に行った方が良い

命には関わらない病気ですが、生活的に支障が出る場合には受診をお勧めしたいと思います。
満員電車で毎朝通勤する時に、何度も何度も降りてトイレに行ってという事を繰り返す方もいますし、それが心配でもう電車に乗るのが嫌だと思う人もいますし、そういう方は一度受診した方がいいのかもしれませんね。
でもそれを病気と思わないで、いろいろな工夫でごまかして「こんなものか」と思っている人もいるかもしれません。
ですので自分の体質だと思って諦めてしまったり、排便の回数はこれが普通だと思い込んでしまっていたり、そういった場合は治療すると長年の悩みから解放されるかもしれません。
また大きな病気が隠れていないか、これも受診すると非常によく分かりますので、そういった場合には受診する事をお勧めしたいと思います。

過敏性腸症候群は何科を受診すればよい?

消化器内科。またはストレスが大きい方はやはり心療内科が適切だと思います。
是非掛かりつけのお医者さんに相談して頂きたいと思います。

その便秘 その下痢 過敏性腸症候群かもしれません

例えばトイレの場所を各駅で覚えているという人いますよね。そういう人ももしかしたら、過敏性腸症候群かもしれないという事です。
過敏性腸症候群というこの病気は治療法はあります。薬なども勿論あります。
自分で病気ではないと判断せず、もしかしたらこれは治る病気かもしれないと自覚して病院に1回行ってみるという事が大切かもしれませんね。