アトピー性皮膚炎の適切な治療のおさらい

炎症に対してはステロイド外用薬などを使っていく。
そして不足しているバリアー機能を補うという事で保湿スキンケアをやっていく。
更に悪化因子をできるだけ取り除いていくという事ですね。
現在の医療では体質そのものを変えてアトピー性皮膚炎を完治させる事は当然まだできません。
これは非常に残念なんですが。ただし治療のゴールとしては、症状は時に出るけれどもスキンケアやステロイド外用薬などの基本的な標準治療で
症状を抑えて、普通の人と同じような社会生活を送れるという事が大きな目標になると思います。

皮膚の状態をうまくコントロールしていく

アトピー性皮膚炎を起こしやすい皮膚の状態を持ちながらも、皮膚の状態をうまくコントロールしていきさえすれば、先ほどAさんの例にありましたように、社会生活を送る上で何の問題もないような快適な生活を送る事は十分可能だという事なんですね。
根本的に治す事ができないというのは、やはり患者さんにとってはかなりショックだと思います。
ですがAさんのように、しっかりと正しい標準的な治療をスキンケアを続けていく事で、肌をよい状態に保っていると多くの場合、面白い事に自然にまた軽快していくんですね。
自然によくなってまいります。
自分だけの判断でさまざまな治療法を試すのではなくて、皮膚炎をよい状態に保ってうまくつきあっていくという姿勢がとっても大事です。
そしてさまざまな疑問を皮膚科の専門医と一緒に解決していってほしいと思います。

医師とのコミュニケーションが大切

慢性的な病気という事ですから、治療はずっと続いていく訳です。
やはり医師とコミュニケーションをよくとっておく事が大切ですよね。
それを皮膚科専門医にちゃんと聞いて頂く事が大事だと思います。
きちんとした根拠のある標準的な治療があるんだという事をよく理解して、皮膚科をお訪ねして希望を持って治療に取り組む事が大事ですね。
非常に間違った情報というのはたくさんございますが、その中でやはり正しい知識を得て、そして正しい標準的な治療を続けていくという事がとっても大事だと思います。