この手術は入院はどれぐらいする事になりましょうか?
2週間程度必要になります。
手術後のリハビリというのは何かするんですか?
患者さんは手術後翌日から歩けるようになりますし、大体2週間ぐらいで歩く方も自信がついてきて、1か月ぐらいでおうちの事ができるようになります。
ですのでなるべく早く日常生活に戻られるというのが、最大のリハビリになると思いますね。
この病気は手術にしても保存療法にしても、早く治療を始めた方がやはりよろしいんでしょうね?
それも大切な事でなるべく早く治療を開始した方が、よくなりますね。
その理由は?
やはり神経が障害されますとじっとしていての症状ですとか、あるいはぼうこう障害が出てきますと、それが症状として残ってしまう事もありますので、手術にしても保存療法にしても、なるべく早いうちにやった方がいいですね。
そうしたつらい症状が長く続いてると、やはり回復も難しくなってくるという事ですね。
神経自体若返りませんので。
そのために早く治療を始めたいという事ですよね。
しかしきょう勉強しましたが、非常に特徴的な症状がございますよね。
間欠跛行。
言葉は難しいですが、歩いていると次第にしびれや痛みが出てきて、前かがみに休むとその症状が消える。
これがありますから気付くのは、知識があれば早く気付けそうですね。
おっしゃるとおりでご自分で診断できる病気だと思いますね。
ですから間欠跛行の症状が出たら、まず整形外科の病院に行って頂いて、診察して頂きたいと思います。
こちらに症状のポイントを出しましたが、間欠跛行という特徴的な症状そしてこうしたしびれ。
あるいは前屈すると症状が軽くなる。
こういう事を覚えておきたいですよね。
この病気に特徴的な症状ですね。