皆さんこんな事はありませんか?
いかがでしょうか?
こういう症状があると何か…?
今のようなのは神経症状なんですね。
そういう事があるんですね。
今気になる症状をいろいろ出しましたが、もう一度ここで見ますが…、こういった症状気になりますがこれに当てはまると、きょうのお話椎間板ヘルニアの可能性が高いという事ですか?
おっしゃるとおりです。
1つでも当てはまると、腰椎椎間板ヘルニアの可能性を考えます。
痛みとしての特徴は何かあるんですか?
腰痛に加えてこれですからね。
腰痛だけではなくてお尻から太ももふくらはぎにかけて、痛みがあるあるいはしびれがあるという症状ですね。
更に腰痛はおじぎをしたり椅子に座ったりすると、痛みが強くなるという特徴があります。
こういった症状を感じますと、やはり診察を受けた方がよろしいですね。
整形外科に行って診察を受けた方がいいと思います。
椎間板ヘルニア腰には一体どんな事が起きているのか、久田さんからご説明致しましょう。
こちらは私たちの背骨のうち腰の部分の骨の模型です。
この腰の部分の骨を腰椎というんですね。
こちらがおなか側でこちらが背中側です。
この腰椎はといいますと椎骨という1つの骨が、積み重なっている構造になっています。
そして中には神経が通っています。
この椎骨の前の部分これを椎体といいますが、椎体と椎体の間にあるのが椎間板です。
これはクッションの役割をしています。
この椎間板にひびが入って、中にある軟らかいゼリー状のもの髄核といいますが、これが飛び出る事があるんですね。
飛び出たものが後ろを通っている神経を圧迫して、炎症が起きますと、強い痛みが出たりしびれや麻痺が起きたりします。
これが腰椎椎間板ヘルニアです。
今説明がありましたように椎間板の中にあるゼリー状のものが、飛び出しているんだという事なんですが、具体的にどんな状態なんですかね?
これが正常の方のMRIです。
これが腰椎椎間板ヘルニアの患者さんのMRIなんですが、髄核という軟らかい組織が神経を圧迫しているのが、お分かりになると思います。
圧迫して足に行ってる神経に炎症が起きますと、腰痛や足に痛みやしびれが出るという事になります。
正常組織の場合は圧迫がない訳ですね。
ここの所は…。
神経が圧迫されていると。
へこんでますね。
この方向に圧力がかかっていると考えていいですか?
おっしゃるとおりです。