ストレッチでおしりの筋肉を伸ばし たるみ改善

おしりの筋肉のストレッチングです。
座って右足を伸ばした状態で左足を曲げて組みます。
右腕を左足にかけて体をひねります。
ちょうど向こう側を見て頂くと、おしりのさっき縮めていたところが伸びているのが感じられますね。
さっきと同じ部分ですね。先ほど縮めたところを今伸ばしています。
おおむね30秒程度伸ばします。
伸ばす時に「痛い!」と思うぐらいではなく、気持ちいいなと思う程度に伸ばすのがポイント。
それから体をひねっているので呼吸が止まりがちですが、意識的にゆっくりと呼吸するのがポイントです。
反対側も同じように行います。
ちょっと息を止めがちになってしまいますが、数を数えてみたりするのもいいかもしれませんね。
呼吸を止めないで、リラックスしてやる事が重要なポイントだと思います。

太ももの筋トレでたるみ解消

少しきつい運動ですが、しっかりと脚の付け根と太ももを鍛えていきたいと思います。
またこれも椅子を使うので、椅子を用意して頂きます。
この椅子に太ももが半分かかるぐらい、浅めに腰を掛けます。
この状態から背もたれにもたれて頂き、両手でしっかりと椅子のへりを持ちます。
この状態から脚をまっすぐ伸ばしてみます。そこから膝を曲げて胸に引き付けます。また伸ばします。
3秒かけて曲げて、3秒かけて伸ばします。
そうすると太ももと太ももの付け根がすごくギュッと力が入りますよね。
この時のポイントなんですが、できるだけ脚は水平に、落ちたりしないよう頑張ります。
それから脚を上げる時に、すねが平行になっている。
おおむね回数の目安は10回です。10回出来ない方はきついなと思うぐらいでやめて結構です。
少ない数でも続けるのが大切です。
反対も同じ上に行います。
きついなと思う方ちょっと後ろにのけぞってやると、少し楽かもしれません。

たるみ対策 太ももストレッチ

今ここの筋肉に縮めて刺激を入れたんですが、次はこの部分を伸ばしていきます。
椅子の横に立ち、また椅子の背もたれを補助として持ちながら、今縮めた太ももの表側を伸ばしていきます。
左手で左足首を持ちます。この状態から少し上に持ち上げます。
体を前に倒します。少し太ももが伸びていますね。
この状態から腰と胸を張ります。そうすると太ももだけでなくて太ももの付け根の下腹部に近いところも伸びてくる。
この状態でしっかり30秒伸ばしましょう。
呼吸が止まりがちなんですが止めないように、しっかりと呼吸をします。
右足でしっかりとバランスをとって立つという事もこのトレーニングの一つのポイントですね。体の軸をしっかりして。
ちょうど先ほど曲げてしんどかったところを、伸ばしているという事です。あまり無理せずに気持ちいい程度でいいです。
反対側も同じようにやりましょう。