筋肉がリラックスしているという信号を脳に送る事で、脳の興奮が抑えられて心と体がリラックスして、日常生活のストレスや、精神的な不安の軽減といった効果が期待できます。
仕事や人間関係でストレスを抱える方多いと思いますけれども、そういう事を感じた時にやればいいという事ですか?
そういった時に行う事も大切ですが、心のストレスだけじゃなくて知らないうちに、環境によるストレスというのもあるんです。
冬は環境によるストレスが多い時期であります。
特に寒い時期ですと、ストレスを感じる前に行う事をお勧めします。
環境によるストレスというのはどういう事なんでしょうか?
こちらの方にありますように例えば冬ですと、日照時間が短くなりますからうつ傾向が増えたり、うつ患者さんが増えるといった報告もあるんですね。
あと2番目で寒暖の差が激しい。
室内と外で温度差が激しくなってきますから、これ自身体にとってはストレスになるんです。
3番目は冷え性。
特に女性は冷えのストレスを多く感じる事があります。
こうしたものが環境ストレスと呼ばれているものなんです。
特にこの冬は環境によるストレスを、意識しなければいけないという事ですね。
私も冬になると知らず知らずのうちに、長湯をして体をリラックスさせようという事をしている気もします。
こういったリラックス方法というのはどうなのでしょうか?
そういったリラックス方法もいいと思いますね。
リラックス方法にもさまざまありますけれど、今回ご紹介する筋しかん法はその一つになるんです。
筋しかん法というのはどういう事なんですか?
分かりやすく言いますと筋肉を少し収縮させて、一気に力を抜いていくという方法なんです。
例えば親指を曲げて拳を、自分の中で70~80%の力で握り込んでいきます。
10秒ほどその状態を保って、一気に力を抜いて緊張を解きほぐしていきます。
このギュッと収縮パッ弛緩。
この動作を繰り返して筋肉をほぐしていきますと、脳の興奮が抑えられて体だけじゃなくて、心のリラックスにもつながっていくんです。
ギュッと収縮させてパッと弛緩緩める。
これがポイントなんですね。
その手法を使って、手腕背中あとは肩首顔おなか足と、全身の筋肉を緩める練習をしていきます。
どなたでも簡単にできますから、医療の現場でも実践されている方法なんです。
では早速教えて頂きましょう。
運動を始める前にポイントとなるのはどんな事でしょうか?
まずは呼吸ですね。
腹式呼吸この深呼吸を繰り返す事が、大切なポイントとなってきます。
高ぶる交感神経を抑える事ができます。
それがリラックスにつながっていくんです。
ちょっとやってみましょうか。