かぼちゃ250gを10分ぐらい蒸しますと火が入りますので、軟らかくしたものに溶かしたバター塩分のないものを混ぜて、これで潰して作ったものです。
少し皮も残しているんですね。
皮は少しあった方が彩りが。
きれいに。
こちらが卵2個に80gのグラニュー糖を入れて、ハンドミキサーで混ぜたものです。
そこに80gのおから。
おからも最初に紹介したように食物繊維たっぷり。
すごくいいものですね。
それから米粉40g。
ベーキングパウダー7g。
これを入れます。
全部よく混ぜて、型に流したのがこちらです。
米粉はどうしてなんですか?
米粉を入れるとしっとりしますし仕上がりがすごくいい。
この天板に。
周りに水を加えてちょっと蒸すような感じ。
よくプリンとか作りますよねあんな要領で。
時間としては?
大体170℃で約30分。
あとは加減して頂いて火が通ってなかったら、もうちょいやって頂ければ。
オーブンから出して、2時間冷やしたものがこちら。
きちっと冷やしてあげるのが大事です。
切り方はいろいろあります。
でも今回はちょっと大胆に。
かぼちゃとおからとそれからあずき。
あずきも少し添えてるんですね。
すごい食物繊維の量ですね。
1人前なんですけれども15g。
これはいいわ。
作ってみました。
あっという間に出来ました。
あとごはんも残っていますが。
いい感じに出来てると思います。
では試食テーブルに行きましょう。
いいにおいもしていますがごはんの具合どうですか?
もう最高にいい。
ちょっと見せて下さい。
こんな感じですよ。
うわ~きれい。
香りも今一気に来ました。
おいしそう。
それを混ぜていって盛りつけていきます。
味付けとしてはお豆の煮汁。
ちょっと甘めになってますので。
塩気が入るとうまいです。
雑穀というと白米と一緒に炊くと思いがちですが、こんなふうに料理にも使えるんですね。
テーブルの上も華やかになって…。
私もお箸持ってしまいました。
では頂きましょう。
頂きます。
頂きます。
何から頂きますか?
じゃあ私はきんぴらごぼうを頂いてみます。
う~んおいしいですね。
これで雑穀とごぼうと一緒にとれてしまうなんて、すごい食物繊維の量ですね。
おいしいです。
ありがとうございます。
これもかけてよかったんですね。
お好みでさんしょうや七味をかけてもいいですね。
じゃあごはんも頂きます。
私も頂いてみます。
ごま塩とかでも楽しいですし。
おいしい。
よかったです。
これはおいしい。
う~んおいしい。
土鍋で炊いてるから何となくふんわり感も。
いや~しかもお豆で食物繊維もたっぷり。
炊き方のコツってすごくありまして、家庭の土鍋の個性を早く知る事ですね。
どういう個性があるのかどういう炊き方をするのか。