今伺ってると朝から晩とかその人の生活態度とか、いろんなものが全部分かんないと、症状を断定できないみたいなところありますよね。
だから大変な事ですね。
私24時間測る血圧計をつけた事あるんですけど、ああいうの有効なんでしょうか?
特に寝てる時の血圧がどうかという事が大事なんですね。
最近睡眠時無呼吸症候群なんて話もありますが、朝高い方は夜から高い方も結構いらっしゃるんです。
特に腎臓の機能が落ちた方ですね。
ですから24時間の血圧計で調査するという事は、昼間それほどなくても、実は寝てる間の血圧が高い方もいらっしゃいますので、そういった意味でも24時間血圧は管理すべきです。
寝る前に測るんじゃなくてやっぱり寝てる間?
今家庭血圧計で寝てる間に測る機械が出てますね。
起きてる時だけじゃなくて寝てる時も測定しなきゃいけない。
しかしそれで自分のタイプが分かれば、対応ができる訳ですよね。
先ほどのパンパン型かギューッと型かというタイプも、夜の血圧である程度判別できると思います。
早速測ってみないと駄目なのかね。
伊藤さんまとめますとどういうアドバイスになりますか?
まずはその方のタイプを知るという事ですね。
ですから24時間の血圧計で見るというのもいいですし、ご自分でいろんな時間帯に測ってもらう。
それで一定の期間測ってやはり高い血圧があるんだったら、それを見過ごす事はできないと思うんですね。
ですからそれをどのような形に下げるのかというのは、その方の薬に対する反応性もございますので、弱い薬から始めていくと。
もちろんその前に減塩とか、ストレス発散という事もあるかと思いますけど。
ご質問やご相談は受け付けていません。
ご了承下さい。
今は本当にいい高血圧の薬がたくさん出てきています。
僕も「高いや」というぐらいで気にしてなかったんですけど、根本的に食生活からちょっと考え直します。