切れ痔は女性に多い

肛門の病気の割合について見たものです。
主な痔のタイプ3つのうち一番多いのはいぼ痔です。これは男女共通です。
そして2番目に多いのは女性は切れ痔、男性は痔ろうという事なんです。
やはり女性には切れ痔多いのですが、これには女性特有の理由があるんです。
切れ痔に悩む女性は多く、若い女性にも多いという特徴があるんですね。

切れ痔とはどんな病気?

切れ痔は肛門の内側の皮膚の部分が切れた状態、裂けた状態をいいます。
主な症状は排便の時の痛み、出血という事になります。

切れ痔になる原因

便秘をして便が硬くなった時、その便を無理に押し出す事によって切れたり、裂けたりするという事になります。
ただ便秘だけでは、なくて下痢によって圧力がかなり加わってバ~ッと出てしまった、そういった下痢の時にも切れ痔になりやすい訳です。
便秘でもなるし下痢でもなるという事です。

切れ痔の症状は出血と痛み

出血量はいぼ痔と比べて少なめ。少量の出血。紙につく程度が多いですね。
痛みについては肛門の内側、痛みを感じる皮膚の部分が切れるという事で、これは排便時のみならず、排便後にもかなり激しい痛みが続く場合があるんですね。
それは切れ痔の炎症が肛門周囲に及んでしまうと、お尻を締める筋肉がけいれんを起こすようになってしまうんです。
その事によって広がりが悪くなり、無理に押し出す事によって排便後も激しい痛みが続くことになります。困りますね。
切れ痔の場合、軽ければすぐ治ってしまうのですが、慢性的にくり返す治ったり切れたりする事も特徴的な症状です。

切れ痔 再発をくり返す理由

切れ痔になると排便の時に痛みが起こります。するとトイレに行きたくないという事で便意・排便をがまんする。
すると便が硬くなってますます便秘になってしまう。それを一生懸命出す事でまた切れる、という切れ痔の悪循環を引き起こす事になる訳です。
しかしこれ気持ちは本当に分かりますよね。痛いからちょっとがまんしてしまう。痛いから行きたくないですよね。すると便秘がますます悪くなる。
グルグル悪循環でこんな事になってくると大変ですね。どんどん悪化してしまいます。
症状が悪化してしまうと切れ痔はかなり深くえぐれてしまいます。するとその影響によって肛門の外には見張りいぼといった皮膚の突起が出来ます。
そして傷の内側には肛門ポリープという突起が出来てしまう訳です。
ただ実際この2つに関してはそのままにしておいて問題はありません。
ただ肛門ポリープが大きくなって、いぼ痔のように出てきてしまったりする場合には切除する事もできます。