では肥満の傾向はないのに、こうした異常値が出てくる場合もありますよね。
そういう方は例えば、血糖が上がりやすいという遺伝素因を持っているとか、血圧が上がりやすい家族歴があるという事になりますので、そういう方は体重を落とすという事ではなく、まずは糖を上げないような糖分の事塩分の事、そのような生活習慣を確認して頂いた上で下がらない場合は、やはり内服治療などを検討して頂くのがいいと思います。
それでは肥満傾向のある方は、むしろラッキーと考えて下さいというところを、もう少しお話しして頂きますが減量しなきゃいけませんね。
どういう事を目安にしましょうか?
肥満があると内臓脂肪に蓄えられた脂から、血管を傷つける物質がいろいろと出てきます。
内臓脂肪が満杯になりますと、次の脂や糖分が入ろうと思っても入る事ができない。
入る事を阻止するためにいろいろな物質が出たり、内臓脂肪そのものから例えば血管を収縮させたり、血圧を上げるような物質が出てきます。
ですので内臓脂肪を空っぽにしてやれば、ここの血管の中の糖分が簡単に内臓脂肪に入る、脂肪分も入る血管の中はきれいになりますし、余分な物質は出なくなりますので血圧が上がらない事になります。
まずは内臓脂肪を減らす事体重を減らす事です。
この事が体重減少を目標にしたいという事に結び付きますが、どれぐらい減らしますかね?
目安は今の体重の5%減量を目指してほしいなと思います。
これも短期間ではなくて3~6か月かけて、減らして頂きたいと思います。
では体重70kgの人の場合で見てみましょう。
5%といいますと3.5kgを減量する事が目標になります。
3.5kgをこの方が6か月で減らす事になりますと、140kcalを1日に減らせば、大体6か月で3.5kg減になります。
さあ何をすればいいかこれを手短に教えて頂きましょう。
まずは140kcalというと難しそうに思うんですが、あまりそういう事にこだわらずに、例えばあんパンいつも食べてたなと思うのを、半分だけ残してみるあるいは2日に分けて食べる。
それから御飯もいつもより1口少なめに盛ってみる。
1口残してみる。
そういう事が非常に重要になります。
しかしここに書かれてある事難しい事ではないですね。
生活習慣を何か一つでもいいので是非とも変えてみる事が、皆さんの血管を守る事になるのではないかと思います。
少しずつ体重を減らしていく事のメリットは大きい