これはほかの人に優しい親切なマスクだと考えられますね。
それでもインフルエンザにかかってしまったらという事ですが、まずは私なんか風邪薬から始めてしまいそうですけれども。
それは症状を和らげる薬ですけれども、インフルエンザそのものの増え方を抑えるという方法があります。
これが抗インフルエンザウイルス薬でインフルエンザの流行期であれば、インフルエンザかもしれないなと先に考えた方がいいと思うんですね。
お医者さんの所に行くとインフルエンザだろうという事になれば、抗インフルエンザウイルス薬という薬がよく使われます。
それはタミフルリレンザイナビルラピアクタいろんな薬が出てきていますが、飲み薬だったり吸入の薬だったり静脈注射をする薬だったり、というような種類も違いますね。
特に子どもの場合注意が必要な事はありますか?
薬をのむのまないにかかわらずインフルエンザというのは、時々異常な行動が起きる事があるので、それが重くなるのを防ぐために、薬をのんだ方のまない方特に子どもさんの場合には、様子を時々見る事が大切だと思います。
それともう一つは熱は割に早めに下がるんですね。
薬をのむ事によって。
しかし熱が下がって、完全に治ってウイルスもいなくなる訳ではなくて、やっぱり一定期間ウイルスが残っていたり、あとから合併症が出てきたりぶり返す事もあるので、一度薬が出たならばそれをきちっと決められた期間、決められた量をのんで頂く事が大切な事だと思います。
自分で判断せずにという事ですね。
最後まで使いましょう。
改めてインフルエンザこれから流行の季節に入りますが、まずは予防接種を受けて頂いて免疫をつけるという事。
これは医学的な方法です。
それから一般的にインフルエンザだけではなくて、感染症全体にも効くのですがマスク手を洗ううがいという事。
もしインフルエンザの症状が流行期間に出てきたならば、慌てる事はないと思うのですが早めに受診して頂いて、必要ならば薬を頂く事が必要だと思います。
これから流行の季節というと、ちょうど忙しい時期に入ってきますね。
忘年会とかいろいろあると思うんですけれども、きちんと食事をして睡眠をとってバランスのとれた食事という意味で、適度に運動していい体をつくっておく事だと思います。
丈夫な体でいる事がまずは第一ですね。