インフルエンザといえば毎年冬になると流行しますが、年によって型が違うあるいは流行の規模も違いますよね。
そこでそんなインフルエンザについて、予防法治療法など詳しくお伝えしていきます。
では専門の方にお話を伺いましょう。
インフルエンザをはじめ感染症の情報と対策が専門でいらっしゃいます。
今の段階でインフルエンザの流行の兆しなどはどうなのでしょうか?
まだ兆し程度ですが少し出始めて、本格的な流行になるのはこれからだと思います。
インフルエンザというのはいわゆる風邪とは違うものと、考えていいのでしょうか?
違うものと考えた方がいいですね。
もともと急に現れてくるような激しい病気について、インフルエンザという病名を付けておいてもう一方で比較的軽い病気で、だらだら続くようなものについて風邪という病名を付けた訳ですね。
ではインフルエンザと風邪どんなところが違うのか、こちらで見ていきましょう。
インフルエンザと風邪との違い、いろいろありますけれどもまずは原因ですね。
インフルエンザはインフルエンザウイルスが原因です。
一方の風邪はライノウイルスなどいろいろなウイルス、それから細菌などさまざまな原因があります。
そして感染経路ですが、インフルエンザの場合主に飛まつ感染です。
せきやくしゃみなどをした飛まつの中にウイルスが入っていて、それを吸い込む事によって感染するという事なんですね。
一方風邪の場合は接触感染が主なんですね。
これはウイルスや細菌がついた物を触る。
それで鼻や口を触った時に、ウイルスが体の中に入ってくるという事なんですね。
飛まつ感染の方が広がりやすいという事があります。
そして症状ですがまず熱は、インフルエンザ38℃以上の高熱が出る事が特徴です。
風邪の場合は微熱から38℃未満にとどまっている事が多いです。
そのほかの症状も違います。
インフルエンザでは、全身の関節痛筋肉痛頭痛など全身の症状があります。
そして重症化する事があるんですね。
高齢者ですと肺炎、小児では脳症などの重症化があり亡くなる事もあります。
そして風邪の場合はのどに痛みせき鼻水など、こういった症状が主で重症化する事は多くないんです。
このようにインフルエンザと風邪違う事を理解する事が大切です。
重症化して亡くなる事もあるというインフルエンザですけれども、まずは予防法から始めたいと思います。
どうすればインフルエンザにかからないでしょうか?
やはり科学的に医学的に防ぐとなると、予防接種ワクチンというものが重要になると思うんです。
インフルエンザウイルスがのどなどから肺の方に入ってくる訳ですが、あらかじめワクチンというもので抗体をつくっておけば、この抗体が入ってきたウイルスを抑える訳ですね。