がんの放射線治療について、お話をしております。
「もっと知りたい!」。
いっぱいありますよね知りたい事が。
60歳の男性Bさんの例です。
Bさんは肺がんの一つ扁平上皮がんと診断されました。
手術で取る事が難しいため放射線治療を勧められたんです。
でもBさん放射線治療に対しては、こんな疑問を持っています。
こういった事を知りたいんですね。
放射線治療をした場合どんな事になるのか、本当に治るんだろうかとそういう疑問もありますよね。
放射線治療について更に詳しくお伝えしていきます。
冒頭のBさん肺がんでリンパ節転移があって、少し進んだ状態ですよね。
がんで放射線治療を受けた場合、本当に治せるのかどうかもそもそもご心配でしょうね。
手術で取りきれなくても完治する可能性はありますので、諦める必要はないと私は思っています。
ではBさんのケース詳しく見ていく前に、放射線治療の役割確認しておきましょう。
こちらですね。
2つあります。
Bさんの場合は根治を目指していくという事ですね。
完全に治したいという事ですよね。
Bさんの肺がん扁平上皮がんというタイプでしたけれども、放射線治療はどのような治療になっていくんでしょうか?
Bさんの場合には進行していますので、放射線単独治療ではなかなか大変だと思いますので、抗がん治療を併せた化学放射線療法が主軸になって、治療が行われると思います。
放射線治療に関しては一日1回1~2分の治療で終わりますが、それを週5回で30回繰り返していく形になります。
抗がん剤の併せ方はさまざまあるんですね?
いろんな方法がありますけれども、放射線治療に先立ってやる場合と同時に併用する場合と、放射線治療が終わってから後治療として行う場合と、この3種類があります。
そしてBさんの疑問について見ていきましょう。
放射線治療を選択した場合ですけれども、副作用はどのようなものがあるのかという事ですね。
Bさんの場合には化学療法も一緒にやりますので、ここでは放射線治療に伴う特徴的な副作用について、お話をしたいと思います。
ここに示しましたように、急性の副作用と晩期の副作用があります。
急性の副作用に関しては、放射線治療が始まって2週間ぐらいたってから、終わって1か月ぐらいの間に起こってくるのが、急性の副作用という事になります。
治療の最中と直後と考えればいいですね。
晩期の副作用は数か月場合によっては、5年後ぐらいに起こってくる、後から起こってくる晩期の副作用という、この2つがあります。
急性の副作用は治療中も必ず起こると考えてよろしいですか?
急性の副作用は放射線に弱い細胞、皮膚の細胞や粘膜の細胞が障害を受けますので、必ず起こります。