2013年10月

がんの放射線治療は何度でもできる?

なかなか怖い副作用が出てくるという事ですけれども、こういった副作用が起きる頻度はどのくらいのものでしょうか?我々は基本的には急性反応はやむをないと思っていますが、晩期の副作用を起こさないという考え方でやっていますので、最 …

がんの放射線治療 急性の副作用

ただし、必ず完全に回復するという特徴を持った副作用です。治療が終わればこれは治ると考えていい訳ですよね。具体的にはどんな症状が出るのか教えて頂きましょう。Bさんの場合には肺に放射線をかけますので…、ではBさんの晩期の副作 …

がん 放射線治療の役割

がんの放射線治療について、お話をしております。「もっと知りたい!」。いっぱいありますよね知りたい事が。60歳の男性Bさんの例です。Bさんは肺がんの一つ扁平上皮がんと診断されました。手術で取る事が難しいため放射線治療を勧め …

早期のがんだからこそ放射線治療

これだと正常組織を避ける事ができませんけれども、IMRTという方法は例えばこちらからかける時には、正常組織のところは線量を減らし両側を強くかけるとか、こちら側を減らしてこちらを強くかけるという方法をとりますと、正常組織を …

前立腺がんの治療に使われる放射性物質

それではこうしたほかのがんへの放射線の当て方ですが、どういう方法になるんでしょう?今までお話ししたのは、外から放射線をかけるという方法でしたけれども、そのほかにもいろんな方法がありまして、例えば舌がんや子宮頸がんや前立腺 …

がんの放射線治療とはどのような治療?

早期の場合こうした機能が残せる臓器が残せるというメリットがある。こちらを選ばれるという事ですね。それではAさんが放射線治療を実際に受ける事になりますと、どのような治療になるんでしょうか?ここにありますように外部照射といっ …

がんの放射線治療

がんの治療といいますとこちら。放射線治療についてしっかりお伝えしていきます。ではまずこんな例を見てみましょう。Aさんです。60歳のAさんはある日かすれ声が気になり、医療機関を受診したところ、声を出すのに重要な声帯という部 …

肝臓は再生力を取り戻す

そして肝臓を軟らかくして、時計の針を元に戻すような状態にして、再生能力をまた引き出す事が可能となってきています。線維化した硬いところが無くなってくれると、肝臓は再生力を取り戻す訳ですね。これは海外でも広がっていっています …

肝硬変をこれ以上進めないために治療法

血液検査項目でいろいろな事が分かりますが、更に検査が進みますと次の段階としてはエコー検査。これは画像検査ですね。エコー検査で肝硬変の状態を見ます。我々は特に腫瘍がないか肝がんがないかを見る訳ですね。万が一それが疑われる場 …

アルブミンは血液中で水分を保持する

また合成・貯蔵の働きが低下しますと、アルブミンなどのたんぱく質の合成がうまくできなくなります。アルブミンは血液中で水分を保持する働きをしていますので、これが減ってしまいますと水分が血管の外に出て、むくみや腹水などの症状を …

Page 1 / 3123
Copyright © 健康ナビ All Rights Reserved.