世界的にも基本の薬剤といわれておりまして、ホリナートカルシウムを2時間点滴してフルオロウラシルを5分程度点滴する。
そして週に1回を6回ぐらい行いまして、2週休むというサイクルで行われております。
では次です。
今度はカペシタビン。
これは単独ですね。
カペシタビンはこういった薬を飲み薬に替えていったもので、朝夕2回内服2週間内服して頂いて、1週間休み。
3週に1回ごと通院して頂くという薬剤です。
これはのむだけでいいという事になりますと、治療を受ける者にとっては負担が軽い印象がございますが。
内服薬は患者さんが、病院に来なくても済むというメリットがある反面、3週に1回しか医療機関に来ないという事は、自己管理がしっかりできないといけないという難点もあります。
ちゃんと薬がのめるかという事ですか?
そうですね。
過量にのんでしまったりすると危険ですし、少量ですと効果が薄れてしまうという事がございます。
きちんと服薬管理ができる状態かどうかという事がポイントですね。
では次です。
テガフール・ウラシル配合剤とホリナートカルシウムの組み合わせ。
こちらも内服薬の補助化学療法なんですけれど、朝昼晩3回内服して頂いて、4週間のんで1週間休むというサイクルで、副作用が少ない患者さんにおいては、5週に1回の外来で済むというメリットがございます。
5週に1回は非常に少ないですけれども、副作用の出方それぞれなんでしょうね?
副作用の出方におきましては、こちらの方が手足症候群等が出やすいといわれておりますし、こちらは5週に1回で済む分副作用が比較的軽いんです。
ただ下痢と口内炎は、注意しながらやらなければいけないといわれています。
こちらも教えて頂きましょう。
白血球減少吐き気下痢。
これは代表的な副作用でしょうか?
抗がん剤全般に特徴のものなので白血球が下がりますと、感染が起こりやすくなるという懸念がございます。
吐き気下痢も食欲が落ちる事によって、体力の低下が懸念されます。
ただ比較的軽いものですこちらのものは。
この手足症候群はどういうものなのでしょうか?
これは手足の皮膚が赤く腫れたりひび割れたりして、ものがつかみにくくなるという副作用で、ひどくなる前にケアする事が重要といわれております。
ものがつかみにくくなる。
ペンが持てないなど、そういう事ですか?
指先が割れてしまったり、水仕事に障害が出たりという事がいわれています。
なるほどね。
それではこの3つの治療法ですが、選択肢はどのように選んでいくのでしょうか?
今ほとんど日本では、内服で簡便なこちらが行われております。
この2つの薬剤の選択におきましては、副作用の形や通院の楽さ等で選ばれているのが現実です。