大腸がんの治療の中心、手術なんですね。
そのほかに抗がん剤などの化学療法も行われます。
かつて大腸がんには効きにくかったんですね。
しかし今では進歩しました。
10年ほど前から新しい薬が登場し、確実に延命できるようになりました。
更に再発予防にも効果を上げ大腸がん治療の中で、化学療法に対する認識が大きく変わってきたんですね。
主に再発予防のために行われる抗がん剤の治療について、お伝えしていきます。
消化器がんの化学療法が特にご専門です。
さて大腸がんに対する化学療法現状はいかがでしょうか?
大腸がんの化学療法は主に、術後の再発を予防するための補助化学療法と、手術が困難な進行がんの患者さん、ないしは再発してしまった患者さんに行う化学療法と、分けられております。
かつてはなかなか効果がないといわれておりましたけれども、この10年ほど前から新しい薬の開発など、非常に効くようになってきました。
それとともに、効果の妨げになる副作用を抑える薬も開発されてきて、昔に比べまして患者さん非常に受けやすくなってきております。
がんはどうしても治療を終えましても、再発しやしないかという事がとても心配になりますよね。
手術で目に見えるがんを取りきったとしても、リンパ管や血管に微少のがんが残っており、それがあとになって再発してくる事があります。
そういったものを抑えるために術後補助化学療法といって、そういったものを根絶するための治療が行われています。
しかし大腸がんでも再発のリスクは、どうしても避けられないんですよね。
大腸がんの再発率はステージによって決まっております。
ステージⅠですと3.7%なんですが、ステージⅡですと12.5%、そしてリンパ節転移がある状況におきましては、3個以下ですと24.1%、そしてリンパ節転移が4個以上になってしまいますと、40.8%の方が再発してしまうと報告されています。
術後補助化学療法を行うとこうしたことはどう…?
何かデータはございますか?
補助化学療法を行いますと、特にステージⅢからにおきましては大体20%近くの患者さんが、5年生存率がよくなるという報告をされております。
それではその術後補助化学療法、具体的にはどういう内容で行われるのか教えて下さい。
基本的には薬は点滴や飲み薬の選択になってきます。
そしてもう一つはステージⅢの中で、リンパ節転移が高度なものと高度でないもの、ⅢaとⅢbは分かれて治療が選択されております。
ではⅢaまでの治療という事で伺ってまいりましょうか。
こちらですね。
では1つずつ伺いますが、フルオロウラシルとホリナートカルシウムの組み合わせ、これはどういう内容でしょうか?