便が水のようにゆるくなる事があります。
これは腸の水分を吸収する能力が低下するためなんですね。
対策としては消化のよいものをゆっくり食べたり、また整腸剤を使う事もあります。
水分を多めにとる事も大切なんですね。
これは脱水の心配があるためです。
そしてガスが出にくい便秘になりやすい。
これは大腸の動きが悪くなったり、便を肛門に送り込む力が弱まったりするため起こります。
運動が効果的ですし薬を処方される事もあります。
ガスが出にくい便も出にくい、注意しておかなければいけない症状ございましょうか?
ガスが出にくいというのは、腸閉塞の一つの前触れでもありますから、その事があるかどうかというのをチェックした方がいいと思いますね。
腸閉塞は留意しておかなければいけない。
これは医師に告げなければいけませんね。
医師と相談してやってもらった方がいいですね。
そのあと1日に何度も便意を感じたり、便通の回数が多くなる事があります。
これは肛門を引き締める体操を行ったり、替えの下着などを用意しておくと安心です。
更に排尿障害性機能障害は神経が関係するという事で、手術のあとにこうした障害が起きる事があるんですね。
こちら排尿障害性機能障害も実は深刻ですね。
これは泌尿器科の専門医とよく相談して、適切な薬や日常の生活の注意事項などを、きちっと指導して頂いた方がいいと思います。
手術による大腸がん治療を教えて頂きました。
随分生活の質を落とさない工夫がなされているんですね。
医学は年々進歩していきます。
特に直腸がんはいろんな障害が出てきますから、傷口の小さな腹腔鏡手術、それから人工肛門にならないような工夫、機能温存神経温存、生活のQOLをできるだけ維持するような手術の工夫、そういうのを総合的に見て、大腸がんの手術をする状況になってもあまり恐れず、前向きに向き合ってもらえればいいと思います。