腰痛

脊柱管狭窄症の手術 入院は2週間程度必要

この手術は入院はどれぐらいする事になりましょうか?2週間程度必要になります。手術後のリハビリというのは何かするんですか?患者さんは手術後翌日から歩けるようになりますし、大体2週間ぐらいで歩く方も自信がついてきて、1か月ぐ …

脊柱管狭窄症の治療は保存治療が原則

これだけで見るとちょっと押されてるようにも見えますが、輪切りにするとはっきり分かる訳ですよね。脊柱管狭窄症という病気やっぱり治療となりますと、治すためには手術という事が検討されるんでしょうか?まずは保存的な治療を行う。そ …

脊柱管狭窄症の特徴的な症状 間欠跛行

狭くなってきますね。そうしますとこれで言いますと、後天性と書かれているのはそういう事ですか?そうです。ほとんどが加齢に伴う背骨の変形によって、神経の通り道が狭くなるというのが原因です。ほかに生まれつき脊柱管が狭い。それが …

脊柱管狭窄症という病気は年々増えている

症状のチェックなんですが…、いかがでしょうか?こうした事に当てはまるものが1つでもあると、腰椎椎間板ヘルニアの可能性があるという事でしたよね。そしてもう一つこのような症状が出る病気があるんです。同じような?はい。それが脊 …

椎間板ヘルニアは90%の人は手術をしないでも治る

この手術どういったものですか?これは神経に髄核が飛び出して、それで炎症が起きて痛みが出ている訳ですから、悪さをしている部分の髄核を取り除く手術が行われます。方法は皮膚を切開して取り除く方法。顕微鏡を使ったり、あるいは内視 …

保存療法で9割の人がよくなる

抗てんかん薬というのは、やはり神経が障害されますと、異常な電気的な刺激が起きるんですね。それを抗てんかん薬で抑えるという事で、痛みを和らげるという効果があります。こういったお薬を使われる事は分かりました。こちらに神経ブロ …

椎間板ヘルニアかどうか診断

中の髄核が飛び出すのは、椎間板にひびなどが入るという事なんですが、ひびが入る原因というのはどういう事なんでしょうか?まず多いのは重労働の方ですね。腰を頻繁にひねったりあるいは振動が加わったりねじれたりと、そういう方に多い …

椎間板ヘルニアの可能性

皆さんこんな事はありませんか?いかがでしょうか?こういう症状があると何か…?今のようなのは神経症状なんですね。そういう事があるんですね。今気になる症状をいろいろ出しましたが、もう一度ここで見ますが…、こういった症状気にな …

急性腰痛症がよく再発する人

そしてまた体を動かさない事が、こうした悪循環につながっていくという図がありますので、これは動く方がいいという事もここから言える訳ですね。おっしゃるとおりですね。なるべく体を動かした方が、腰の痛みは早く楽になります。これ大 …

腰痛の悪循環を断ち切る

でもそれが特定できない場合、実は温めても痛みをとる作用があるというのが、最近分かってまいりましたので温めても間違いではありません。ですからお風呂ももしお風呂に入って楽になるようでしたらば、入っても構わないと言えます。そう …

Page 1 / 212
Copyright © 健康ナビ All Rights Reserved.