認定補聴器技能者はアフターケアを十分にする

こうした補聴器を実際に買いたいという場面なのですけれども、先ほどご紹介がありました診療情報提供書を、医師からもらって購入店に持っていけばいい。どんな店でもいいという事なんでしょうか?そうではございません。先ほど申し上げま …

適切な補聴器を選ぶポイント

Cさんの例に戻りますけれども、結局適切な補聴器を選ぶ事ができませんでしたけれども、いい補聴器を選ぶためのポイントどういう事なんでしょうか?ではここにお示ししましたが先ほど申し上げましたように、まず耳鼻咽喉科の専門医を受診 …

40~45dBHL程度から補聴器が必要

普通の声の会話も聞こえない大声の会話なら聞こえる場合、50~70dBHLの音が聞こえる場合は中等度の難聴です。そして大声の会話も聞こえず、耳元での大声でないと聞こえないという場合、70~90dBHLぐらいないと聞こえない …

思い切って補聴器を購入

70歳のCさんです。1年ほど前から耳が遠くなり、年のせいだからしょうがないかと過ごしていましたが、友達の話が聞き取りにくくなり、次第に会う機会が減ってしまったんです。そんな時たまたま立ち寄った店で、思い切って補聴器を購入 …

聴神経腫瘍はめまいの神経に起こる脳腫瘍の一種

もし再発するようでしたらここに書いてございます…、こういったものを考えなければいけないと思います。それぞれの病気について少し説明させて頂きますと、メニエール病は聴力でいいますと低い音の聞こえが悪くなって、それと同時に非常 …

突発性難聴の薬による治療

耳にも優しい生活時間を作らなければいけない訳ですね。薬による治療もありますがどんな薬が使われるのでしょう?現在突発性難聴に対してこれが決め手、あるいは高いエビデンスを持った薬はないのですが、最も多く使われる薬はここに書い …

突発性難聴は感音難聴の一つ

この蝸牛の中にある細胞が障害されて、正しい電気信号がその先に送れなくなるために、聞こえなくなるというものです。ですからこの突発性難聴は、内耳からその先で異常が起きている、感音難聴の一つという事になります。これは病名からし …

突発性難聴と診断され即入院

50歳の主婦Bさんです。ある日突然右の耳が聞こえなくなりました。すぐに耳鼻咽喉科を受診したところ、突発性難聴と診断され即入院となったのです。突然聞こえなくなって入院という事になると、一体何が起きたのかしらとちょっと戸惑い …

耳鳴り順応 耳鳴りに慣れる

上手な気晴らしなどが必要という事になりましょうか?やはり趣味を持って頂くとか先ほどお話ししましたが、軽いエクササイズをして頂く事も必要かなと思います。さて治療法の3つ目の柱です。耳鳴り順応と書いてありますね。どういう事を …

耳鳴りは治療で改善する?

そもそもこのやっかいな耳鳴り、治療で改善する事を期待してもいいんですか?場所によりますが例えば先ほどご説明した伝音難聴ですね。例えば耳あかがここにつまっていたり、昨日ご説明しました中耳炎で起こっている場合には、この治療を …

Page 1 / 212
Copyright © 健康ナビ All Rights Reserved.