がんの放射線治療

がんの放射線治療 2つの役割

特に皆さん誤解されているのは、例えば肺に60グレイかけておなかに60グレイかけるというと、全体で120ぐらいかけたとお考えになると思いますが、放射線は局所療法ですから局所がある線量を超えなければ、全く問題ないという事にな …

がんの放射線治療は何度でもできる?

なかなか怖い副作用が出てくるという事ですけれども、こういった副作用が起きる頻度はどのくらいのものでしょうか?我々は基本的には急性反応はやむをないと思っていますが、晩期の副作用を起こさないという考え方でやっていますので、最 …

がんの放射線治療 急性の副作用

ただし、必ず完全に回復するという特徴を持った副作用です。治療が終わればこれは治ると考えていい訳ですよね。具体的にはどんな症状が出るのか教えて頂きましょう。Bさんの場合には肺に放射線をかけますので…、ではBさんの晩期の副作 …

がん 放射線治療の役割

がんの放射線治療について、お話をしております。「もっと知りたい!」。いっぱいありますよね知りたい事が。60歳の男性Bさんの例です。Bさんは肺がんの一つ扁平上皮がんと診断されました。手術で取る事が難しいため放射線治療を勧め …

早期のがんだからこそ放射線治療

これだと正常組織を避ける事ができませんけれども、IMRTという方法は例えばこちらからかける時には、正常組織のところは線量を減らし両側を強くかけるとか、こちら側を減らしてこちらを強くかけるという方法をとりますと、正常組織を …

前立腺がんの治療に使われる放射性物質

それではこうしたほかのがんへの放射線の当て方ですが、どういう方法になるんでしょう?今までお話ししたのは、外から放射線をかけるという方法でしたけれども、そのほかにもいろんな方法がありまして、例えば舌がんや子宮頸がんや前立腺 …

がんの放射線治療とはどのような治療?

早期の場合こうした機能が残せる臓器が残せるというメリットがある。こちらを選ばれるという事ですね。それではAさんが放射線治療を実際に受ける事になりますと、どのような治療になるんでしょうか?ここにありますように外部照射といっ …

がんの放射線治療

がんの治療といいますとこちら。放射線治療についてしっかりお伝えしていきます。ではまずこんな例を見てみましょう。Aさんです。60歳のAさんはある日かすれ声が気になり、医療機関を受診したところ、声を出すのに重要な声帯という部 …

Copyright © 健康ナビ All Rights Reserved.