COPD

COPDの薬は長時間作用型という非常にいいものになってきた

口笛を吹くようなイメージ。そんな感じですね。ちょっと抵抗をかけるように…。吐き出す事で、呼吸時間を担保するといいますか補ってやって、十分に息を吐ききるという事になる訳です。ポイントに戻しますがもう一つ栄養管理の重要性があ …

COPD自体が気管支が狭くなると同時に、潰れやすくなるという特性がある

10%あるいは20%ずつ上げて頂く事になりますし、ただ大事な事は苦しいのを我慢して動くのではなくて、苦しくなったらすぐに休む。座ったりして休んで、息が整ったら散歩を始めて歩数計などを使って、ゆっくり時間を延ばしていく事が …

COPDを患うとどれぐらい活動が低下してくるのか

今の例を見ますと薬を使っていらっしゃって、実は状態よくなっているにもかかわらず、ご自身で何となく引っ込み思案といいますか、活動の幅を狭めていらっしゃるイメージがございますね。恐らく治療前の息切れが強くあったものですから、 …

COPDは息切れなどがして呼吸が苦しくなる病気で、徐々に進行していく

COPDは息切れなどがして呼吸が苦しくなる病気で、徐々に進行していくんですね。重症化した場合どれだけ呼吸が苦しいのかを、このストローで感じてみたいと思います。このストローで呼吸をしているような感じだという事なんですね。こ …

COPDは肺胞の破壊によってガス交換の障害が起こるので、低酸素血症になる

それでは薬ですが日常的に使っていかなければいけません。どんな使い方なのか注意点を教えて頂けますか。基本は吸入薬になりますので正しく吸入する事が大事です。やり方は具体的にどうでしょうか?具体的には粉の製剤のもの、あるいは噴 …

COPDは痰が出る感染を起こしやすい

これを長時間作用型という訳ですが、この薬剤がこの数年出てきた事によって、患者さんの症状の改善生命予後が極めてよくなってきた訳です。長時間効果が持続する事は、非常に患者にとっては使いやすいですよね。また効いているなと感じる …

COPDは炎症性疾患なので、風邪や感染症で症状が非常に重くなる

一方たばこを吸っている人は急降下という形で、機能が低下してしまうんです。このカーブ理解しますが、かなり症状が進んでしまってから禁煙をしても、効果は上がるんですか?今ご説明ありましたように、この病気自体は非常に急しゅんな進 …

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は高血圧、心不全、骨粗しょう症などの慢性病を引き起こす

このCOPD日本語では慢性閉塞性肺疾患という病気で、呼吸が苦しくなる病気なんです。でも見逃してしまう人が多いんですね。そのまま放っておきますと呼吸不全につながる事もあります。COPDになりますと高血圧心不全骨粗しょう症な …

COPDになると息切れで運動ができなくなる

吸って結構です。このように出てくる訳ですね。随分声が急に大きくなりましたけれども、これはこういうふうに検査するんですか?その最大能力を見るという事で少し声は出しますが、これは患者さんを励ますため。励ますために。声で押され …

COPDの特徴である気管支の炎症によって、普段からせきやたんが出る

そういう事なのですが、年齢のためであるとかあるいはたばこを吸っている、あるいは吸っていたからという事で、実際には息切れ歩いていて遅れる、せき・たんなどの非常に重要なアラームといいますか、体の方から危険信号が出ているんです …

Page 1 / 212
Copyright © 健康ナビ All Rights Reserved.