アトピーの人の肌では何が起きている?

正常な皮膚では角質層といったものがきれいなバリアー膜を作っています。
そのために体の中の水分をここでとどめて、そして保湿をしてくれます。
みずみずしいお肌になるという事ですね。
それだけではなくて例えばダニなどのさまざまな刺激物質そういったものが、体に入るのを防いでくれるという役割をしております。
ところがアトピー性皮膚炎では角質層のバリアー膜が機能がちょっと悪いんですね。
そうしますと水分が出ていきますので、肌が非常に乾燥してしまいますし、そして外からダニなどのさまざまな刺激物質が皮膚の中の方に入ってきます。
そうしますとこのように炎症が非常に起こりやすくなっていくという事がアトピー性皮膚炎の状態という事になりますね。

アトピーの皮膚では保湿やバリアー機能がなぜ弱くなる?

これはアトピー素因といわれる遺伝的な体質によるものです。
ですから残念ながら現在の医療ではこの体質を変える事はできません。
ですから体質改善といういい言葉がございますが、そういった事を目標にしてもアトピー性皮膚炎を治すという事はできません。
またそのほかに環境の悪化因子として、ストレス気温湿度体調不良なども増悪させる要因になるという事です。
アトピー性皮膚炎を起こしやすい体質、皮膚の状態そのものを根本的に治すという事は難しいという事なんですね。
ですけれども肌を標準的な治療によっていい状態に保つと、多くの人がAさんと同じようにほかの人と変わらないような生活ができるようになります。
是非それを目指したいですよね。

標準的な治療、適切な治療

標準治療は有効性が証明された科学的根拠を持った標準治療と言う事ができます。
アトピー性皮膚炎の皮膚はバリアー機能が低下していて水分が失われやすく乾燥しやすい。
更にアレルギーを引き起こす悪化因子が入ってきやすいという事がございます。
ですからまず入浴する事で汚れなどの刺激物質をきちんと洗い落としてそして保湿外用薬を塗る事が大事です。
保湿外用薬を塗る事によって水分を肌にとどめる事ができます。
そしてこうしたスキンケアは実は症状の予防効果もあるので、症状がよくなってもずっと続ける事が大事です。
また炎症や湿疹がある所にはステロイド外用薬をしっかりと塗ります。
その事によって炎症を抑える事ができます。